不動産担保ローンは、日本にある各種銀行が行なっている商品の1つです。

また、ノンバンクの金融機関でも、不動産担保ローンは取扱商品になっています。

不動産担保ローンを銀行にお願いする最大のメリットは、金利が低いということがあります。

多くの場合、借り入れる金額が大きいので、長期間にわたる返済が必要となります。

そうなると、少しでも金利が安い方がいいですよね。

それに、銀行は倒産する可能性がノンバンク金融機関より低いので、信頼感があるというのも大きなメリットです。

ただ、銀行はノンバンクと比較して、不動産担保ローンを組むまでの審査が厳しくなっています。

ですから、自分の置かれている状況を鑑みて、銀行でも不動産担保ローンを組むことが可能なら、銀行を優先して考えた方がよいでしょう。

もちろん、ノンバンクでないと借りられないというパターンも多いので、その場合はノンバンクでの借り入れとなります。