住宅ローンの返済中の場合、不動産担保ローンを組むことはできます。

ただし、住宅ローンがないケースと全く同じような金額を借り入れできることはありません。

そもそも不動産担保ローンは、担保となる不動産の価値に相当な分のお金を借りるということです。

ですから、担保となる不動産に高い価値があれば、住宅ローン返済中でも借り入れ可能となるのです。

一般的には、不動産担保ローンとして借り入れできる金額から住宅ローンの残高を差し引いた分に対して、担保価値を認めるということになります。

ですから、担保価値が住宅ローンの残高を下回ってしまったら、借り入れをすることができません。

また、特に審査の厳しい銀行などでは、住宅ローンのある不動産を担保としないところもありますので、どこでもできるというわけでもありません。

もし住宅ローンがあっても不動産担保ローンを借りたいという時には、金融機関とよく相談する必要があるでしょう。