千葉での葬儀や通夜・告別式は、やはり堅苦しいままですか?

通夜や告別式は堅苦しい、葬儀はもっと堅苦しい~。

そんなふうに思う人が大半ですが、いまでは自由葬が増加しているように様相は一変しているという一面も。

千葉でも同じ流れです。

▼昔はあった“親族以外のもう一つの通夜”。

千葉でもその昔をたどっていくと、最初に通夜を行なって、明けた翌日以降に葬儀を行なうというのがスタイルでした。

ご遺体はそのままご安置され、そこにお別れに来る人々がいました。

つまり通夜は近親者、葬儀のあとのご遺体のご安置の期間に、“通夜同様のお別れの時間”が、一般の人々に用意されていました。

決まり事というよりは、ごく自然にそうなっていったと思われます。

では告別式はどうなるのかというと、昔は日を改めて、翌日とか翌々日に行なうのが通例。

現代のように、同日に執り行われるようになったのは、昭和の中期からです。

▼告別式と葬儀は意義も日程も別々のイベント。

葬儀とは宗教的な儀式という定義がありましたので、その昔は、“僧侶が故人を弔う時間”を葬儀と呼んでいました。

告別式は葬儀とは別もので、通夜にも葬儀にも参列できなかった友人や知人、会社の同僚などが、焼香を済ませた後に故人を見送るという時間です。

近年ではこの2つが一体化してしまったので、そのような区別を知っている人は少なくなりました。

▼葬儀は形式の塊のようなもの。

堅苦しくもありますが、焼香を含む告別式は、もっとリラックスしても良いものです。

葬儀というと決まり事が多くて嫌だという人もいますが、独自性やしきたりが色濃く残る千葉の葬儀でさえ自由葬が増えました。

千葉に住む仲の良いサークル仲間が主導して、葬式そのものを演出します。

楽器演奏や写真展をともなう葬式もあります。

そうなれば通夜や告別式そのものが必要なくなるのかも知れません。

【気になるニュース】イギリスで「楽しい」葬儀が人気上昇中 死を悲しむのでなく、人生を祝うもの

This entry was posted in 時代とともに変わる千葉の葬儀. Bookmark the permalink.

Comments are closed.